自分を動かすを読んで

 

自分を動かす (あなたを成功型人間に変える)

自分を動かす (あなたを成功型人間に変える)

 

 どうせ読むならとことんと、ということで、以前読んだSOFT SKILLSで紹介されていたこの本も手にとりました。

これも書籍名称が微妙すぎる。原著のPsycho-Cyberneticsで良いのでは。

とても良い本ではあるが、理論に寄りすぎている部分もある。

内面的な事柄を扱う際は、観測された理論と哲学的論拠を組み合わせないと、ちょっと的外れになってしまうと。

 

本書はよくあるイメージトレーニングや思い込みの力が広まった元となる本です。

以下メモ。

 

  • グレンクラーク「人間の能力のなかでは、想像力が最も神に近い能力である。
  • 目標は達成可能で具体的なものにする。(なるべきものから分割する)
  • イメージ訓練は必ず行う。
  • イメージ訓練は達成する上での障害を各種想像し、どのように超えるか具体的に現実的にシミュレーションすること。その際、必ず達成できるようにシミュレーションすること(毎日20分) ※本書ではただ「成功して満足しているあなた」を想像と書かれているが、それではあまり意味ないのでは
  • 自尊心と信念を持つ。「人から馬鹿にされているようなことはしていない」という信念を持つ
  • 「あなたがしなければならないことは、”簡単にできると思う”ことです」→おそらくこれが真実
  • 悩むなら、ルーレットが回り始めてからでなく、掛ける前に悩め
  • 意識的に、「今」に反応する習慣をつくれ
  • イライラは、「今」この場でできないことを無意識に行おうと「試みる」ことから生じる
  • 働いているときもリラックスせよ✕→フローに入れるように心の準備を○
  • 目標達成」には、攻撃的な方法のほうが望ましい
  • 目標は実現可能なものとして設定すべきで、「あるべき姿」としての目標は考えてはいけない。
  • 他人があなたのことをどう思っているのか、意識しないことがたいせつです。
  • 習慣的な反応を意思の力で変える訓練を日々行う。
  • 気分の繰り返しをしない。
  • 恐れや逃げの態度ではなく、戦う態度をもて