読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近呼んだ中でおすすめ書籍(linux, 文章)

最近読んだおすすめ書籍を紹介する。紹介書籍は以下のカテゴリに分けられる。

  1. linux初心者向け
  2. 文章書く系

1.linux初心者向け

最近、Hadoop関連のお仕事をやることになりまして、仕事場では色々な制約によりWindows環境でGUIっ子だった私も急遽linuxをガリガリ使っています。

今までは家で触るくらいで、正直イマイチ便利さがわからなかったlinux環境も、実際に現場で使うと身に沁みてわかりますね。。。

初心者の私が現場で使えるレベルまで使用した書籍をご紹介します。

1.1シス管系女子

この書籍は本当におすすめです。何が良いって、かな~り実践的な事柄がわかりやすく漫画で書かれています。

linux系の書籍って管理系や設定系のこまいところ書いたものは多くありますが、linuxをバリバリ使っている人なら日常的に利用するやり方って、中々無かったりする。

本書はそれが書かれており、いわば初心者が現場レベルまで引き上げてくれる貴重な情報源ですね。(表紙からは全く想像つきませんが)

# 驚きなのが本書の内容と漫画部分、書いている人は別なのかと思っていましたが、同一人物です。だからあんなにわかりやすく書かれているのかと納得です。

1.2入門UNIXシェルプログラミング

基礎からみっちり教えてくれる名著ですね。お世話になっております。ただし、内容が古い部分もあり、それは脳内補完する必要があります。

1.3 入門Git

こちらもlinuxとは直接関係ありませんが、一応ご紹介を。歴史的背景や、なぜこうなるんだに丁寧に教えてくれるので、非常に納得感が得られる書籍です。

使うだけなら簡単なGitですが、それだと細かい部分が忘れてしまうんですよね・・・。

1.4 LPIC level1

実践的な知識に一本筋を通すために、LPICの勉強は役に立ちました。

ぶっちゃけ現場では必要ない知識も多くありますが、体系的に知識が整理されるのはよいですね。

 

2. 文章書く系

最近、新人のレポートを見ることが多く、これはだめだと感覚的に思うがそれが具体的にどこを直せばよいのか、というのがわからない自分に気付いたのが読んだきっかけです。

ただ、文章書く系の書籍は、本当に幅が広く、エンジニアとして必要な文章を書くための書籍がかなり少ないことに気づきました。

2.1 入門 考える技術・書く技術

この本の元になった、バーバラ・ミント著のやつは学生の頃読みましたが、分厚すぎて重要でないところとそうでないところがごちゃ混ぜになって消化不良になった記憶があります。

その点こちらは非常におすすめです。ポイントだけをわかりやすく非常に実践的な形で教えてくれます。(エンジニアであればこの2冊で十分事足りるのではと思います)

 

 

あと当たり前ですが、新しい技術を覚える際は手を動かすのが重要ですね。

(概念的なことでも実践することが大切だなと最近、身に沁みて実感しました。)